これからの時代を切り抜くために必要なアイデンティティ。

これからの海外市場でより良い結果を出すために。

現在、まさにピークを迎えようとしている観光などを中心としたインバウンド事業に対し、アウトバウンドに関しては、今までの工場などの拠点を海外に設置するなど、比較的「コストカット」を重要視した展開が殆どでありましたが、近年の国内における高齢化/少子化などの人口的な問題、また若者達の環境や思考の変化による、極端な国内需要の低下に伴い、これまでの国内向けに行っていたビジネス/サービス展開を海外に移行していくという流れに大きく変化してきております。
そんな経済状況の中、弊社はこの数年間、アジア展開、特にベトナムにおいて多くの業績とリレーションの構築を行って参りました。多くの日経企業様も参入してこられるマーケットに置いて、弊社が注力して参りましたのはベトナム国内におけるローカル展開であります。多くの日経企業が最も苦戦を強いられるのが、この国内におけるローカルマーケット展開で、当然、弊社も当初は相当な惨敗とも言える苦戦を繰り返して参りました。
では何故、今もなお弊社がローカル展開を中心にベトナム市場に存在出来るのか?何故、多くの日経企業が撤退を余儀なくされている状況の中、対ローカルにおいて業績を伸ばしていけるのか?
その答えをここで全て記載することは出来ないまでも、確実に言えることは「現地企業との繋がり」にあります。
これから本番を迎えるであろう日本国内からのアウトバンドにおえる展開において、今後ベトナム市場を狙われている企業様がおられましたら、是非一度弊社の方にお声掛け頂ければと思います。

PAGE TOP